不動産登記

不動産取引の安全と円滑を図るために

不動産登記とは、大切な財産である土地や建物について、その物理的状況(所在、面積など)と権利関係(所有者の住所氏名、担保権の有無・内容など)を、法務局が管理する登記簿に記載し一般に公開することで、不動産取引の安全と円滑化を図る制度です。

登記簿について

不動産登記簿には、土地登記簿と建物登記簿があり、土地、建物ともに表題部、甲区、乙区から成り立っています。

土地の登記簿
表題部 土地の所在・地番・地目・地積(面積)
権利部 甲区 所有権に対する登記、差押え、仮差押え、仮処分、買戻登記
乙区 所有権以外の登記(抵当権など)
建物の登記簿
表題部 建物の所在・家屋番号・種類・構造・床面積
権利部 甲区 所有権に対する登記、差押え、仮差押え、仮処分、買戻登記
乙区 所有権以外の登記(抵当権など)

表題部にする登記を表示に関する登記といい、土地家屋調査士の業務範囲です。表示に関する登記のなかでも、不動産の物理的現況に変化が生じた場合などは表示に関する登記が必要です。

甲区・乙区にする登記を権利に関する登記といい、司法書士の業務範囲です。権利に関する登記は、不動産の権利関係を公示するためのもので、登記をすることで第三者に対する対抗力(登記した権利を主張できる)が生まれ、権利の公示・保護が図られます。

権利に関する登記をするかしないかの判断は自由意思に委ねられており、原則として、登記する義務はありません。

登記が必要なとき

登記が必要なとき

お問い合わせはこちらから

業務内容

  • 相続・贈与
  • 遺言手続き
  • 商業登記・法人登記
  • 不動産登記
  • 土地測量
  • 債務整理
  • 過払い金返還請求
  • 訴訟手続き・裁判書類作成
  • 成年後見制度
  • その他業務一覧
  • 料金(報酬一覧)
  • ご挨拶・はじめての方はこちら
  • ご相談・手続きの流れ
  • よくある質問