相続・贈与

家族を守るための相続・贈与

「生きている内に相続の話をするのは不謹慎だ」
「たいした財産がないから相続で問題が起こることはないだろう」
とお考えではありませんか? しかし、相続・贈与のことを後回しにすることはおすすめできません。相続・贈与はきちんと考えておくべき問題だと思います。

借金を相続してしまうことも

もしあなたに借金があるのなら、ご家族はその借金も相続してしまいます。借金を相続しないためには相続放棄や限定承認を行う必要がありますが、これらは原則として相続開始から3ヶ月以内にしなければならないとされています。うっかり3ヶ月が経過してしまうと、ご家族が借金を相続してしまうことに……。また残された家族の方に返済能力がなければ、全員破産というおそろしい可能性も出てきます。

控除が受けられないことも

相続税の申告期限は相続開始から10ヶ月以内とされており、その期間内に手続きをしないと受けられない控除もあります。

家族が決裂するおそれも

ドラマの世界のようですが、仲の良い家族が誰かの死をきっかけに決裂してしまうことは、よくあることです。遺言などを含めしっかり相続対策をしておかないと、家族を不幸にしてしまうかもしれません。

事業を守るために

事業者の方であれば、事業承継や後継者対策も重要です。地震保険や火災保険のような事前に行える危機管理と同じように、相続対策も危機管理の一環としてお考えいただければと思います。

人が亡くなると財産の調査やその他いろいろな手続きがあり、数ヶ月という時間はあっという間に経過してしまいます。お悩みの方はどうぞご相談ください。また、もしスムーズな相続をお考えなら、生前のご相談もお受けしていますのでお気軽にご利用いただければと思います。

相続手続きでお悩みの方へ

相続手続きスマートフォンサイト

相続・贈与相談事例

ある相談者さまから「父が亡くなったので相続の相談をしたい」というご依頼をお受けしました。資料をいろいろいただくなかで調査していくと、お父様には不動産や現金のほかに多額の借金があることが発覚。相続放棄すると不動産の相続が難しくなりますが、借金が多額だったため放棄されることに。「相談してきちんと調べなかったら、いまごろ大変なことになっていました。どうもありがとうございます」とおっしゃっていただきました。

お問い合わせはこちらから

業務内容

  • 相続・贈与
  • 遺言手続き
  • 商業登記・法人登記
  • 不動産登記
  • 土地測量
  • 債務整理
  • 過払い金返還請求
  • 訴訟手続き・裁判書類作成
  • 成年後見制度
  • その他業務一覧
  • 料金(報酬一覧)
  • ご挨拶・はじめての方はこちら
  • ご相談・手続きの流れ
  • よくある質問