過払金返還請求

払いすぎたお金を取り戻す方法

実は、金融業者は利息制限法に基づく利率を超えた利率で融資していることが多くあります。そのような場合には、「本来よりも多くお金を払っている」ことになり、その分は請求することで取り戻すことができます。

過払金が発生してしまう理由

借金の利率には出資法と利息制限法という2つの法律が関係しています。多くの金融業者が基準としているのは、29.2%という高い上限利率の出資法です。しかし、利息制限法の上限利率は10万円未満で20%、100万円未満なら18%、100万円以上は15%と定められているのです。そして、法律では利息制限法の上限利率を超えた利息分は支払わなくてもいいと定められています。このため、出資法と利息制限法の上限利率の差額分を計算し直すと、過払金が発生するのです。

長く融資を受けている方ほど過払金が発生している?

入期間が5年以上におよび、借入金利が20%を超えるという方は、高い確率で過払い金が発生している可能性があります。過払金が発生している場合は、すぐにでも手続きを開始しましょう! なかには倒産の可能性も高い貸金業者もいるので、そういった意味でも早めの行動をおすすめします。

しつこい請求がストップします

過払金返還の通知を金融業者が受け取った時点で、相談者さまへの請求がストップします。過払金返還の手続きをしなければ、本来であれば払い終わっているはずの借金の請求が来続け、無駄なお金を払い続けることになります。これは、本当の意味で無駄遣いだと言えるでしょう。大切なお金を未来のために使えるように……。まずはお気軽にご相談ください。

債務整理の専門サイト!

過払金請求相談事例

「借金で首が回りません……もしかして自己破産するしかありませんか?」とご相談いただきました。借入額やその期間を調べてみると、過払金が発生していることが分かりました。「債務額もそこまで多くないので自己破産の必要はありませんよ。それに、今回の場合は払いすぎているので、お金が戻ってきます」とご説明すると、大変喜ばれていました。「相談しなかったら過払金も取り戻せなかったし、意味のない借金を返し続けていたかと思うと……本当に怖いですね。でも解決できて良かったです。本当にほっとしています」とおっしゃっていただきました。

お問い合わせはこちらから

業務内容

  • 相続・贈与
  • 遺言手続き
  • 商業登記・法人登記
  • 不動産登記
  • 土地測量
  • 債務整理
  • 過払い金返還請求
  • 訴訟手続き・裁判書類作成
  • 成年後見制度
  • その他業務一覧
  • 料金(報酬一覧)
  • ご挨拶・はじめての方はこちら
  • ご相談・手続きの流れ
  • よくある質問