よくあるご質問

Q&A

司法書士業務に関するQ&A

本当にプライバシーは守られますか?
はい、もちろんです。秘密は厳守いたしますので、ご安心ください。
任意整理は自分でもできますか?
ご自身でも行えますが、専門知識がない方がやるとなると現実的には難しいでしょう。ご相談は無料で行っていますので、まずはお気軽にご連絡ください。
相続放棄をしたいのですがどうすればいいですか?
人が死亡した場合、その人のすべての財産は相続人に相続されます。ここで気をつけなければならないことは、現金や不動産といったプラスの財産はもちろん、借金などマイナスの財産も相続されるということです。相続財産に過大な借金などがある場合は相続放棄をしますが、この手続きは相続開始から3ヶ月以内に行わなければいけません。3ヶ月を過ぎてしまうと原則として相続放棄はできず、一切の財産を相続することなってしまうので早めにご相談ください。

土地家屋調査士業務に関するQ&A

土地家屋調査士って何ですか?
国家資格者で、不動産の登記制度を円滑に機能させ、ひいては国民の権利の明確化に寄与することを目的とした、不動産の表示に関する登記についてのプロフェッショナルです。
所有する土地の一部を売却することになりました。どのような手続きが必要ですか?
土地の一部を売却するには土地の分割が必要で、その際には土地分筆登記を行わなければなりません。土地全体を調査・測量したうえで、売却したい部分の土地分筆登記申請を行います。
実際の面積と登記簿の面積が違うので、登記簿を修正したいのですが……。
隣接する土地の所有者と境界を確認したうえで、土地の面積を測量します。測量の結果と登記簿の面積が違う場合は、地積更正登記を申請し登記簿の面積を修正します。

行政書士業務に関するQ&A

行政書士とはどのような人のことを指すのですか?
行政書士とは法律に基づく国家資格者です。国や県・市町村などの役所に提出する書類を相談者さまのかわりに作成するなど、手続きの代行が主な業務となります。
役所に提出する書類の作成以外にはどのような業務がありますか?
権利義務や事実証明に関する書類の作成も行政書士の業務です。主に「契約書」「内容証明」「会社設立関係書類」「相続関係書類」の作成などがあります。
コンピューターを使った申請には対応していますか?
もちろんです。インターネットを利用したオンライン申請などにも対応していますのでご安心ください。

当事務所に関するQ&A

相談は無料ですか?
もちろんです。無料にてご相談をお受けしていますのでご安心ください。
遠方からですが相談に乗っていただけますか?
もちろんです。遠慮なくご相談ください。
お支払い方法を教えてください。
ご相談内容によりお見積りをお渡しします。お支払いは基本一括でお願いしておりますが、債務整理に関しては分割も対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

業務内容

  • 相続・贈与
  • 遺言手続き
  • 商業登記・法人登記
  • 不動産登記
  • 土地測量
  • 債務整理
  • 訴訟手続き・裁判書類作成
  • 成年後見制度
  • その他業務一覧
  • 料金(報酬一覧)
  • ご挨拶・はじめての方はこちら
  • ご相談・手続きの流れ
  • よくある質問